「Spotify」

国内でも人気の高い音楽ストリーミングサービス「Spotify」。

洋楽の充実度がNo.1との呼び声も高く、メジャーな曲はもちろん少々マニアックな曲も配信されていたりします。

では、Spotifyがどんなサービスなのかを見て行きましょう。

Spotifyとは?

Spotifyは、2006年にスウェーデンの「スポティファイ・テクノロジー」によって創業、運営されている音楽ストリーミング配信サービスです。

2018年現在、世界中に1億7,000万人のユーザー(無料会員も含む)がいると言われており、日本では2016年9月にサービスを開始されました。

配信楽曲数は4,000万曲以上。洋楽はとても強いですが、邦楽には弱いと言えるでしょう。主なプランはプレミアム(有料)とフリー(無料)の2つが用意されていて、フリープランにはいくつかの制限はあるものの、月額料金を全く支払わずに利用できるという点での人気は高いです。その他にも家族で使えるファミリープラン、学生には嬉しい学割プランもあります。

Spotifyの利用料金は?

現在、3ヶ月間100円のキャンペーン実施中です。(初回の3ヶ月のみ)

Spotifyの利用プラン
プレミアムフリー
利用料金980円 100円 ※3ヶ月限定0円
再生時間無制限無制限
広告なしあり
オフライン再生×
フル再生

Spotifyのスゴいところは、無料のフリープランでも1曲が丸ごと聴けてしまうこと。他の音楽ストリーミングサービスだと、30秒や90秒と視聴制限があるんですが、Spotifyにはありません。だったらフリープランでいいよって思われそうですが、有料のプレミアムプランとの差別化はきちんとしてあります。

まず、フリープランの場合はシャッフル再生しかできません。聴きたい曲をスグには聴けないんです。自分の好きなアーティストのアルバムを全曲聴きたい場合は、シャッフル再生でも良いかも知れません。しかし、たまに違うアーティストの曲が再生されたりも。その時に、曲を飛ばしたいのであればスキップはできますが、1時間に6回までと制限付き。数曲毎に音声広告も流れるので、例えるならYou Tubeみたいな感じです。あと、曲をダウンロードしてのオフライン再生もできないので、データ通信量に注意が必要です。

フリープランにはこれらの制限があるので、自分好みの音楽をしっかり楽しみたい方には正直、厳しいでしょう。ですが、様々なアーティストの曲を無料で聴けるだけで良いと考えている方には十分な内容だと思います。

プレミアムプランには、これらの制限は一切ありません。気になる方は、まずはフリープランから使ってみるのが良いでしょう。

Spotifyにはお得なプランも!

通常のプレミアムプラン以外にも、学生に嬉しい「学割プラン」と、家族と利用できる「ファミリープラン」があります。

・学割プラン/月額480円(税込)
・ファミリープラン/月額1,480円(税込)

学割プランでの注意点は、クレジットカードが無いと学割を受けれないところ。必然的に高校生は無理ですね。大学生でもクレジットカードの他に、入学証明書や成績証明書などの3ヶ月以内に発行された日付けが記載されたものが2つ必要となります。
ファミリープランは、本人と同じ住所に住んでいる家族というのが条件。本人と、それ以外の5人が利用できます。

Spotifyで人気の機能!

世界中に1億7,000万人のユーザーを持つSpotify。その人気の理由は洋楽の充実度にあるでしょう。しかし、本当にそれだけなのでしょうか。機能面についても見てみましょう。

通信量を抑えるオフライン再生

プラミアムプランなら、曲をダウンロードしてのオフライン再生が可能となっています。そうすることで、電波が届かない場所でも再生ができたり、通信制限やデータ通信量を気にする必要もなくなり、とっても便利。

お気に入りのよく聴く曲などは、1曲単位やアルバム単位でもダウンロードできるので、プレイリストでまとめておくと便利でしょう。

プレイリストを公開する

Spotifyでは、自分で作成したプレイリストを公開することが可能。

他の音楽ストリーミングサービスにもアプリ内で公開できるものがありますが、Spotifyの場合はFacebookやTwitterといったSNSへのシェアという形になります。

友達におすすめしたい曲や、自分が今どんな曲を聴いているのかなどプレイリストを作成してSNSでシェアすることで、音楽の新しい楽しみ方ができるでしょう。

ユーザーに合わせたおすすめプレイリスト

今の気分に合わせた音楽が聴きたい。そんな時には「Browse」機能がおすすめ。
ジャンルや気分などに合わせたプレイリストを選択することができます。

  1. チャート 国内をはじめ、世界各国のトップ50が聴けます。
  2. ニューリリース 世界各地でリリースされた新曲を配信。
  3. ポッドキャスト 世界各国の人気ポッドキャストを聴くことができます。
  4. ディスカバー ユーザーの好みに合った音楽をレコメンド。
  5. ジャンル&気分 ロック、ジャズなどのジャンルや、ムード、ロマンスなどの雰囲気に合ったプレイリストを選択できます。

※「ポッドキャスト」とは、インターネットラジオなどの一種です。

特に私が驚いたのは「ディスカバー」。開いてみると「あなた専用に作られたプレイリスト」というのが表示されていて、初めて聴く曲ばかりなのに好みの曲が多かったです。

歌詞表示で英語の勉強!?

洋楽の充実度が高いSpotifyは、「歌詞表示機能」が付いています。
分かりやすい様に再生中の歌詞を追尾もしてくれるので、洋楽の場合は自然とリスニング力が身に付いたり、単語や発音を覚えたりと英語を勉強するには良い機会かもしれませんね。洋楽好きの方なら楽しくできるのではないでしょうか。もちろん、カラオケの練習にも最適です。

歌詞表示はフリープランでも利用できるのが嬉しいポイントです。

Spotifyまとめ

無料でも十分に音楽を楽しめるSpotify。それは本当に間違いないと思います。

以前はプレミアムプランを利用していましたが、今はフリープランです。
中年になり、昔ほど好きな曲を聴きまくることも無くなった私には、正直Browse機能だけでも十分だと感じました。初めて聴く曲ばかりですが、いい感じに好みの音楽が流れて来てくれるので、シャッフル再生でも問題ありません。

洋楽の充実度No.1。マニアックなアーティストを検索しても、実際にアプリを触っていてもそれは感じられました。しかし、使いやすいかと言われたらそこまでは無いかも。

気になった方は、まずは無料で使ってみることをおすすめします。

新着記事

(全2件)

  1. 1