買うならどっち!?あのスラムダンクの新装版が発売!

公開日 : / 更新日 :

1990年、のちに社会現象を巻き起こす怪物漫画が週刊少年ジャンプにて連載を開始します。
それは、まだ日本においてメジャースポーツではなかったバスケットボールを題材にし、現在も漫画ランキングがあればに常に上位もしくは1位を獲得する名作漫画

スラムダンク!!

私もリアルタイムで読んでまして、ジャンプの発売日は早く帰りたくて仕方ありませんでした。アニメも大人気で主題歌は今でもカラオケで歌います。
そんな思い入れのあるスラムダンクの新装版が、2018年6月に発売されると聞いて、改めてその魅力をお伝えしたいと思います。
まだ読んだことない人はこの機会に是非読んでみてください、既刊とどっちがおすすめかもまとめてますので参考にどうぞ。

スラムダンクのストーリー

さすがにみなさんご存知だと思いますので、簡単にさくっとおさらいします。(キャラ紹介も省くぜ)
ただのヤンキーだった主人公・桜木花道は、ことごとく女性に振られ続けては仲間から馬鹿にされる毎日。そんな彼が進学した湘北高校で赤木晴子と出会い一目惚れします。
その晴子から類まれな運動神経と身長を見込まれバスケ部に誘われ入部します。そして、バスケ初心者の花道が選手としてどんどん成長(人としては多少成長)し試合で活躍していくお話です。
ダンクしようとして頭をぶつける花道

スラムダンクの魅力

スラムダンクがなぜ社会現象を巻き起こすほどみんなに愛された作品なのか。その魅力を超個人的主観で語りたいと思います!

魅力その1 井上武彦の画力

スラムダンクの魅力といえば、なんと言っても井上武彦の画力!
試合の臨場感がとにかく凄い!選手の動きの表現や汗、体育館に響くボールやシューズの音が聞こえてくるかのような表現はただただ感服。
そんな試合を見せられ続けた後に、メンバー全員が勝利を喜ぶシーンにいたっては、読んでいるこっちまで感情移入してスポーツ観戦した時のような雄叫びをあげたくなるぐらいの興奮があります!!
当時バスケ部でキツイ練習を散々やりましたが、本当にこの漫画を読んだ後はバスケがしたくてしたくて堪りません。
経験者でもそうなので、未経験者はもっとバスケに対して興味が湧いたと思います。おかげで翌年の仮入部数ハンパなかったっス!!!半分は辞めましたがww

山王戦ワンシーン

魅力その2 桜木花道の成長

左手はそえるだけ特訓したジャンプシュートのお披露目初心者だった花道が、練習や試合や特訓を経て成長し、レギュラーとして試合に出る。
もし仮に、流川が主人公だとしても面白い作品だったと思いますが、花道のキャラクターと成長要素がやはり大事だったと思います。
たまにやる(しでかす?)、未経験者らしいプレイがあるからこそ物語としてアクセントとなり、とても面白くなりますよね。
特訓も基本的なプレイがほとんどで、主人公が何話も使って基本プレイの反復練習し上達していく様を描く漫画はなかなかありません。
そのおかげか、主人公はジャンプシュートとレイアップとリバウンドとブロックショットしか出来ませんから、スラムダンクを見てバスケを始めた人もきちんと基礎練習をしてくれるという副産物まで生んでくれますw
にしても、ジャンプシュートが出来ない選手がレギュラー、レイアップが出来ないまま試合に出るとかありえない、のようなことを全く?思わなかったこと自体キャラや物語の魅力が溢れていたともいえます。

魅力その3 とにかく熱い

選手として登場するキャラクターたちがとにかくバスケに対して熱いです!汗を流してボールを追う様はどんなキャラもカッコよく感じました。試合もガチンコ!
湘北メンバーも普段はバラバラなのに、バスケでは強烈な一体感を出します。こういうチーム憧れます!

魅力その4 バスケットだったこと

1990年前後は、バスケ界は丁度マイケル・ジョーダンの全盛期で私は初めてバスケを知った時期です。バルセロナオリンピックでは初のドリームチームもありました!
当時、自分を含めバスケット自体に興味を持っていた人がとても多かったです。そこに、この漫画が登場したことで一気に社会現象が起こりました。

魅力その5 アニメも大ヒット、主題歌ももちろん神曲ばかり

スラムダンクOPこのシーンのおかげで聖地化詳しくは違う機会に改めて書きたいと思いますが、みんな1曲ぐらいは絶対に歌えると思う!あー懐かしい、学生の頃のカラオケの記憶が…
私が女性ならずっとMANISH歌ってた!!

スラムダンク SLAM DUNK 新装再編版(全20巻)

スラムダンク SLAM DUNK 新装再編版(全20巻)

涙なしでは語れない

大まかな魅力は伝えられたと思いますが、スラムダンクには忘れられない名シーンや名言がいっぱいあります。それらを改めて紹介します、有名どころからマニアックなところまでいっちゃいましょう!

BEST OF BEST

桜木花道と流川楓のハイタッチ

これは絶対に外せないシーンですよね!!スポーツ漫画で感動して涙が出てくる代表的なシーンだと思います。最初から読んでいると余計にこのシーンで一気に感情が溢れます。なぜかは是非読んでください!

安西先生、バスケがしたいです…

安西先生、バスケがしたいです

この時の三井の気持ち、凄く良く分かります!なので個人的には一押しなシーン。
歳を取れば取るほど、あの時こうしておけば良かった、あーしておけば良かった色々ありますが、三井はこのシーンのおかげで過去から未来に向かって歩めるようになりました。
泣いてしまいそうになる…

あんなに練習したのに…

あんなに練習したのに

湘北の大黒柱ゴリが全く通用しない中晴子さんの一言。人一倍努力しても上には上がいるもんです…いやーココは色々キツイシーンですね。でも、その後精神的に立ち直るところがまた感動。

オレは今なんだよ!!

オレは今なんだよ

山王戦で背中を負傷した花道が、試合に対する意気込みを伝えるシーン。試合中にこんなこと言われたらどの監督も何も言えねぇ、、、

ふんふんディフェンス

ふんふんディフェンス

クラスマッチなどで絶対一人やるやついるよね…。いや、やりたい気持ちは理解できますがね、ツッコむ方は毎回大変なんですよ。

あきらめたらそこで試合終了だよ/ですよ

あきらめたらそこで試合終了だよ

私は回想シーンのこちらの印象の方が強いです。この安西先生の言葉で三井は奮起し優勝。そのことから、三井にとって安西先生は尊敬する大恩人に。人によってはもう一つの方らしいですがあなたはどっちが印象深い?

【番外編】安西先生のガッツポーズ

よしっ

さすがにこの試合だけは安西先生も自然と力が入ったようで。このシーンを見ると点差と時間、試合の流れの逼迫感を感じてしまいドキドキしてしまいます。

【番外編】流川VS沢北

流川がドリブルで抜くシーン

このシーンを見たときは鳥肌が立ちました。このスピード感のヤバさ、何の躊躇いもない全力のドリブル!

【番外編】敗因はこの私!

敗因は田岡茂吉

存在感のある監督でした。メガネ君(小暮)に最後点を決められ敗北した後の監督の言葉。これを言える監督のチームは間違いなく強くなります。(実際監督のせいなんですがね)

今スラムダンクを読むなら。

今、スラムダンクは、単行本、完全版、新装再編版(新装版)とさまざまな形で出ています。
どれが良いかは人それぞれだと思いますのでここでは、購入の際の参考になれば幸いです。

■価格比較&メリット

  • 単行本   全31巻 ¥13,051 今から全巻一気に、もっとも安く見れる
  • 完全版   全24巻 ¥24,183 本のサイズが大きく読みやすい。カラーページを完全再現
  • 新装再編版 全20巻 ¥14,934 表紙描き下ろし。物語の区切りを再編し読みやすく

※価格は全巻漫画.comより

■超個人的おすすめ度(☆☆☆☆☆)
単行本   ☆☆☆
完全版   ☆☆☆☆
新装再編版 ☆☆☆☆☆

理由としては、新装版は真新しく描き下ろし表紙ということで新鮮な気持ちで読み返せることや、再編されて読みやすいのはとても大きいです。ひと息入れやすいですよね。
あと、買って家に帰って読むまでの高揚感は新しい分一番かなと。
単行本は、単純にワクワク感がどうしても半減します。当時から本屋によく行っていたので新鮮味を感じない。子供たちに読んでもらう用には全然ありです。新装版は保存用にwww
完全版は☆3つもありうる☆4です。カラー再現は☆1つ分の価値は間違いなくあります。ただ、本が大きい為読むうちに手が疲れることと、本の仕組み上、中割れなど本が痛みやすくまた目立ちやすいなどデメリットが。保存用ならこっちか!
色々候補はありますが、自分はせっかく新しく発売されたのでもちろん新装再編版を購入します。ついでに全巻購入特典の特大ポスター(条件は1巻に)もゲットしようと考えています。

最後に

あくまで個人の感想なのでみなさんは自身の状況にBESTなものを選んでみてください。
読んだことない人もスポーツが好きなら絶対おススメなのでこの機会に是非お試しください。

さあ、スラムダンクを読んで仕事の同僚や部下、家族(子供も絶対ハマるはず!)と盛り上がりましょう!!!
というか再度流行らせよう!!!

スラムダンク SLAM DUNK 新装再編版(全20巻)

スラムダンク SLAM DUNK 新装再編版(全20巻)

関連タグ

    コメント

    • コメントはまだありません