サモハンキンポーの映画といえば、やっぱりデブゴン

公開日 : / 更新日 :

あの男が帰ってきた!!2017年05月27日に公開された映画最新作「おじいちゃんはデブゴン」。
そう、デブゴンこと、サモ・ハン・キンポーだ!!

どうも、ハニー丸蔵です。
ジャッキー、ユン・ピョウ、サモ・ハン・キンポーといえば、香港黄金トリオですよ。

そんなサモ・ハン・キンポーが久しぶりに主演をしてるのを見れて、筆者のような往年のファン大歓喜!!

未だに変わらないサモ・ハン・キンポーに感涙

カンフー映画を見るなら

U-NEXTがおすすめ

有名なデブゴンシリーズは、実は存在しない

ブルース・リーに憧れる田舎の青年が、町に出て働いたレストランで用心棒として働きだしての大暴れ。
これが、「燃えよデブゴン」のおおまかなストーリーである。

ブルース・リーへのオマージュが半端ない

ところがこの映画、1981年の劇場公開時はヒットせず、ジャッキー映画がテレビでバンバン放送されていた1983年になって人気が出た作品。
その後、ジャッキー・チェンの映画に多く共演することによって知名度も上がり、一躍スターダムにのし上がった。

しかし、サモハンキンポーの映画作品に日本が、というかフジテレビが勝手に『デブゴン』の名を冠して、シリーズ化してしまっただけなのである。
というわけで、実はデブゴンはこの1作だけで、他の作品はストーリーも関連性も、何なら製作時期も違うということになってしまった。

なので、最新作の「おじいちゃんはデブゴン」も勝手にデブゴンになってるんですよね(苦笑

デブゴンシリーズ作品一覧

テレビに限らず、メディアでこれだけタイトルが変わる作品を持っているのはサモ・ハン・キンポーぐらいじゃないだろうか。
おかげで非常に分かりづらいこと、この上ない。

燃えよデブゴンシリーズ
TV版タイトルビデオタイトル公開年
燃えよデブゴン1978年
燃えよデブゴン2燃えよデブゴン 正義への招待拳1980年
燃えよデブゴン3燃えよデブゴン カエル拳対カニ拳1978年
燃えよデブゴン4ピックポケット!1982年
燃えよデブゴン5モンキー・フィスト 猿拳1979年
燃えよデブゴン6燃えよデブゴン 豚だカップル拳1979年
燃えよデブゴン7燃えよデブゴン7 鉄の復讐拳1979年
燃えよデブゴン8クンフー・ゴースト・バスターズ(妖術秘伝・鬼打鬼)1980年
燃えよデブゴン9プロジェクトD1979年
燃えよデブゴン10友情拳1978年
燃えよデブゴン お助け拳リリース無し1980年
燃えよデブゴン 出世拳デブゴンの太閤記1978年
燃えよデブゴン 地獄の危機一髪斗え!デブゴン1980年
それ以外のデブゴンシリーズ
公開タイトル別名タイトル公開年
デブゴンの怪盗紳士録なし1984年
デブゴンの霊幻刑事サモ・ハン・キンポーのオバケだよ全員集合!1986年
帰って来たデブゴン 昇龍拳ペディキャブ・ドライバー1989年
痩せ虎とデブゴンハチャメチャ刑事 マックとロン1990年
おじいちゃんはデブゴンなし2016年

福星シリーズの主演は実はジャッキー・チェンではない

これ正直、筆者も勘違いしていたのだが、実は「五福星」「七福星」「大福星」などでお馴染みの、福星シリーズの映画、主演はジャッキー・チェンではなくてサモ・ハン・キンポーだったのだ。

ハニー丸蔵

やはりどうしてもジャッキーばかりに目がいってしまうもので、ごめんなさい。

五福星

サモ・ハン・キンポー演じるポーたち5人は、顧客獲得のために潜入したパーティが実はマフィアのパーティで、アタッシュケースを盗まれたと勘違いされて大騒ぎ!
ドタバタコメディ福星シリーズ第1弾。

リチャード・ン演じる「チンケ」が馬鹿すぎて好きでした。

この作品の見どころ

大ブレイク中のジャッキー・チェンとサモ・ハン・キンポー、そして売出し中のユン・ピョウが揃った最初の映画。
幼き頃より苦楽を共にした3人の連携が実に爽快。

ハニー丸蔵

ちなみに同時上映はコータローまかりとおるで、筆者も観に行きました

香港発活劇エクスプレス 大福星

日本の富士急ハイランドが舞台となって、サモ・ハン・キンポーとジャッキーが大暴れ!
挿入歌を歌うユン・ピョウもジャッキーの相棒として大活躍(ただし、後半からの活躍)。
Drスランプあられちゃんも登場する、福星シリーズ第2弾。

「ボディビル界の百恵ちゃん」西脇美智子さんのレオタード姿

この作品の見どころ

前作の5人組から、モジャこと「ジョン・シャム」が抜けて新メンバー「エリック・ツァン」が加入。
この5人が織りなすバカなやり取りは、癒やされること間違いなし!!

ハニー丸蔵

これ日本公開版はジャッキー・チェン主演として編集したそうな。そら主演と思うよな……

七福星

大福星の完全なる続編。このシリーズは筆者にとってユン・ピョウのサクセス・ストーリーだと思ってる。
シリーズを重ねる毎にどんどん主役級になっていき、日本でも人気が出ていったことが忘れられない。
そんな福星シリーズ第3弾。

やっぱり主演が、ジャッキー・チェンになっている……

この作品の見どころ

日本が誇るアクションスター倉田保昭とサモ・ハン・キンポーのバトルに注目。
サモ・ハンの華麗なテニスラケット捌きは是非注目してもらいたい。

ハニー丸蔵

福星シリーズはやはりそのストーリーのバカバカしさにある。決してストーリーを深く追わないことが大切。

福星シリーズ作品一覧

公開年タイトル
1983年五福星
1985年香港発活劇エクスプレス 大福星
1985年七福星
1986年十福星
1989年福星闖江湖
1992年五福星撞鬼
1996年運財五福星

キョンシーの生みの親、サモ・ハン・キンポー

燃えよデブゴン8としておなじみのクンフー・ゴースト・バスターズ(妖術秘伝・鬼打鬼)は、キョンシーを題材にした作品。
この映画をもとにして生まれたのが、一世を風靡した「霊幻道士」。
霊幻道士の制作自体もサモ・ハン・キンポーが行っている。

サモ・ハン・キンポーの格好がまるで金太郎(笑

霊幻道士の元祖であるこの作品は、意外とグロい表現は多いものの、カンフーアクション、ホラー、コメディなどのあらゆる要素が詰まった良作。

まとめ

香港カンフー映画界を裏で支え続けてきたサモ・ハン・キンポー。
今見てもそのアクションと演技は見ごたえがあり、楽しめる作品ばかりである。

1998年からハリウッドにも進出したサモ・ハン・キンポーのこれからの活躍を期待している。
筆者は大大哥をこれからも応援します!

サモ・ハンの検索結果
ただ、気になるのはgoogleで検索したときのサモ・ハン・キンポーのこの画像!!
googleさん間違いにも程がありますぜ……

カンフー映画を見るなら

U-NEXTがおすすめ

ハニー丸蔵

ハニー丸蔵 団員

睡眠の次にカンフー大好き。

関連タグ

    コメント

    • コメントはまだありません