ジャッキー・チェン映画はいつまでも面白い!!その理由はココにある

2019年2月6日

 アイキャッチ

ジャッキー・チェン、それは日本のカンフー映画を牽引してきた男。
時代と共にそのアクションは進化を遂げ、押しも押されぬ世界トップクラスのアクションスターになった。

最近は、「星のドラゴンクエスト」のCMにも出演し、その存在感を見せつけている。



ジャッキーらしいオチがまた素晴らしい(笑

我々が幼少期から常に見続けたジャッキー・チェン映画の魅力、その理由を見ていきたい。
そういえば、最近見てないと思うなら是非とも、ジャッキー映画を見直してみませんか?

ジャッキー映画の魅力

ジャッキー・チェンの映画はどうして面白いのか?筆者自身は面白いから見てただけなので、特段意識したことはなかった。
そこで、改めてなんでこんなに楽しめるのかをまとめてみることにした。

作品本数がとにかく多い!!

2018年現在で主演映画は、驚きの78本。45年もやっていればそりゃ多いでしょって思うでしょ?
でも考えてくださいな、往年のスターたちはみんな主演映画なんて徐々に減っていくものなんですよ?

みんな若いスターが新しく主役となって活躍していくのが常です。特にアクション映画のようなものは俳優の寿命はとても短いものだと思います。
そんな中で、主演を張り続けるジャッキー・チェンの凄さ。60超えたオジサンが飛んだり跳ねたりしまくるってスーパーマンですよ。

ジャッキー映画作品一覧
公開年 タイトル
1973年 ファイティング・マスター
1973年 ドラゴン・ファイター
1974年 タイガー・プロジェクト/ドラゴンへの道 序章
1974年 ジャッキー・チェンの秘龍拳/少林門
1976年 レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳
1976年 少林寺木人拳
1976年 ファイナル・ドラゴン
1977年 成龍拳
1977年 蛇鶴八拳
1977年 ジャッキー・チェンの飛龍神拳
1978年 カンニング・モンキー 天中拳
1978年 スネーキーモンキー 蛇拳
1978年 拳精
1978年 龍拳
1978年 ドランクモンキー 酔拳
1978年 ジャッキー・チェンの必殺鉄指拳
1979年 クレージーモンキー 笑拳
1980年 ヤングマスター 師弟出馬
1980年 バトルクリーク・ブロー
1981年 キャノンボール
1981年 ドラゴンロード
1982年 ドラゴン特攻隊
1983年 ジャッキー・チェンの醒拳
1983年 五福星
1983年 キャノンボール2
1983年 プロジェクトA
1984年 スパルタンX
1985年 プロテクター
1985年 香港発活劇エクスプレス 大福星
1985年 七福星
1985年 ファースト・ミッション
1985年 ポリス・ストーリー/香港国際警察
1986年 サンダーアーム/龍兄虎弟
1987年 プロジェクトA2 史上最大の標的
1988年 サイクロンZ
1988年 ポリス・ストーリー2/九龍の眼
1989年 奇蹟/ミラクル
1991年 プロジェクト・イーグル
1991年 炎の大捜査線
1992年 ツイン・ドラゴン
1992年 ポリス・ストーリー3
1993年 シティーハンター
1993年 新ポリス・ストーリー
1994年 酔拳2
1995年 レッド・ブロンクス
1995年 デッドヒート
1996年 ファイナル・プロジェクト
1997年 ナイスガイ
1998年 WHO AM I?
1998年 ラッシュアワー
1999年 ゴージャス
2000年 シャンハイ・ヌーン
2001年 アクシデンタル・スパイ
2001年 ラッシュアワー2
2002年 タキシード
2003年 シャンハイ・ナイト
2003年 ツインズ・エフェクト
2003年 メダリオン
2004年 80デイズ
2004年 花都大戦 ツインズ・エフェクトII
2004年 香港国際警察/NEW POLICE STORY
2005年 THE MYTH/神話
2006年 プロジェクトBB
2007年 ラッシュアワー3
2008年 ドラゴン・キングダム
2009年 新宿インシデント
2009年 カンフー・キッド
2010年 ダブル・ミッション
2010年 ラスト・ソルジャー
2010年 ベスト・キッド
2011年 新少林寺/SHAOLIN
2011年 1911 辛亥革命
2012年 ライジング・ドラゴン
2013年 ポリス・ストーリー/レジェンド
2015年 ドラゴン・ブレイド
2016年 スキップ・トレース
2016年 レイルロード・タイガー
2017年 カンフー・ヨガ

みなさんはどこから覚えてますか?ちなみに日本で最初に公開されたのは、「酔拳」ですね。
筆者が一番最初に見たジャッキー映画は、テレビで放映された「酔拳」か「蛇拳」あたりだったと思う。

ジャッキーといえば、石丸博也

ジャッキー・チェンの日本語吹き替え声優といえば、忘れてはならないこの人。石丸博也氏。

ジャッキー・チェンの専属吹き替え声優としても知られている。ほとんどのジャッキーの出演作品で吹き替えを担当しているほか、彼を主題にしたアニメやドキュメンタリー番組でも声を担当している。なお、石丸とジャッキーの初対面は、1982年の『スネーキーモンキー 蛇拳』のアフレコスタジオである(ちょうど新作『ドラゴンロード』のPRで来日しており、石丸をジャッキーが表敬訪問)。また、1984年の『夜のヒットスタジオ』にジャッキーが歌手として出演した時は、石丸がジャッキーの応援で出演した。『ベスト・キッド』のジャッキーは老いた役だったため、恥ずかしくなくやれたと語る。

出典:Wikipedia

大人になった今、洋画は常に字幕で見るのだが、ジャッキーとPIXERのアニメだけは吹き替えを観てしまう。
筆者にとってジャッキーの声は石丸さんの声が本物になってしまっているからだ。


ジャッキーの吹き替え担当「チャールズ・タン」
出典:鄧榮銾 – 王朝網路 – wangchao.net.cn

ちなみに「ポリス・ストーリー3」以前は、ジャッキー自身の声ではなく「鄧榮銾チャールズ・タン」という方が声優をされていたそうです。
広東語が話せない出演者や、生音が拾いにくいなどが理由のようですが、これは知りませんでしたね。
まぁ、筆者にとってジャッキーの声=石丸博也なんでね。

ここに注目!名場面 BEST5

ジャッキー・チェンといえば、やはりその高い運動能力。
ジャッキー映画を楽しむ為の注目ポイントを見ていこう。

伝統的カンフー演武が美しい

昔の映画を見る際のポイントはやはり型演武に是非注目していただきたい。
THEカンフーと言えるこの手のシーンは、効果音と相まって今見ても興奮する。



酔拳を演武するジャッキー

未知の修行によって超絶パワーアップ

初期のカンフー映画時代は、後期ジャッキー映画と異なり主人公は最初は弱い。
少年漫画の王道である弱い主人公がトレーニングによって強くなっていくその姿が面白い!!



少年漫画さながらの修行シーンが堪らない

熱く激しい本格的な格闘アクション

ファミコンゲームにもなった「スパルタンX」なんて、あの日本の格闘技界を沸かせた、元キックボクシングチャンピオンのベニー・ユキーデが登場し、激しい肉弾戦を繰り広げた。
このシーンは、ジャッキー自身もお気に入りだそうで、格闘アクション最高峰とも言われている。



あの、ベニー・ユキーデとの熱きバトル

狭い場所での激しい多人数バトル

とにかくジャッキーの映画は室内などの狭い空間で大人数で戦うシーンが多く出てくる。
その狭い空間を華麗に飛び回りながら、1人また1人と敵を倒していくシーンは、スーパーヒーローものにはない圧倒的迫力を生んでいる。



多人数アクションが凄まじい!!

環境に応じた武器を使う

ジャッキー・チェン映画は初期の頃から武器は多く出てくる。
カンフー映画なので剣や槍、トンファー・根など様々な武器が出るのが、ジャッキー映画といえば椅子を代表とするその場にあるものを武器に使うこと。
竹竿やボール、脚立などとにかくバラエティに飛んだ武器が魅力。



多彩な武器操作