「AWA」

いま話題の音楽ストリーミングサービス「AWA」。
世界最大級との呼び声高いAWAでは、私たち30代40代の好きな懐メロアーティストたちも多数配信されています。

もっとも支持されている音楽サービスのひとつ。実は私も使っています。

まずは、AWAの基本についてチェックしてみましょう。

AWAとは?

AWAとは、サイバーエージェントとエイベックスが共同出資して設立された「AWA株式会社」によってリリースされた、サブスクリプション型(定額制)アプリです。

日本では一番最初に音楽ストリーミング配信サービスを開始し、リリース当初は大きな話題になったのも記憶に新しいですよね。今では利用者は1,300万人を数え、こちらも日本ではトップクラスとなっています。

配信音楽数は、世界最大規模である4,500万曲。これは国内で利用できる音楽配信サービスの中でも最大級です。AWAではメンバー登録をすることで、これらの楽曲を好きなだけ聞く事ができる、聞き放題サービスなんです。

サブスクリプション型とは?

AWAは「サブスクリプション型アプリ」と呼ばれますが、これはどういうことなんでしょうか?サブスクリプションとは、日本語で言うところの「定期購入」。つまり、月額料金を支払うことで、自由に音楽を聴く事が出来ます。

※現在、AWAでは3ヶ月間の無料サービス期間中です。日ごろからレンタルCDショップを利用されている方は、AWAを利用した方が断然にお得です。ぜひチェックしてみてくださいね。4000万曲以上の音楽が聴き放題【AWA】

ストリーミングサービスとは?

ストリーミングサービスとは、音楽ファイルを手元(スマートフォンの中)に保存せず、インターネットから受信しながら、再生すること(ストリーミング再生)が出来る配信サービスの事です。
オンデマンド再生(聞きたい曲をすぐに再生)にも対応し、サーバ上に保存された膨大な楽曲を自由に聴取できるのが、このサービスの強みです。

AWAの利用料金は?

現在の利用料金は0円です。 (利用開始から3ヶ月間限定。初回利用者のみ)
AWAでは、以下のプランが利用できます。料金やサービス内容の違いがありますので、しっかり見比べてみましょう。

AWAの利用プラン
スタンダードフリー
利用料金960円 0円 ※3ヶ月限定0円
再生時間無制限20時間(月間)
オフライン再生×
フル再生×

私は、スタンダードプランの利用をお勧めします。フリープランでは月間の利用時間制限(月間20時間まで)がある上、ハイライト再生(90秒)しか出来ません。
実は私もフリープランを使っていたのですが、たった1週間で利用上限を迎えてしまい、スタンダードプランを利用するに至りました。今では無料0円でスタンダードプランが利用できるので、迷う必要ないですね!
また、ハイライト再生も私的にはダメでした。1曲の長さはだいたい4分30秒ですが、90秒ではサビ前(Aメロ、Bメロ)までしか聞けないことがほとんど。1番まで聞けるのならまだしも、サビ前・サビ中に途切れるのはちょっとストレスです。

月間960円というのもちょうどいい価格設定だと思います。私の地元のレンタルCDショップは、1度に10枚借りると、ちょうど1,000円です。しかし、その場で10枚選ぶのって、ちょっと大変なんですよね。
「あれー、あの曲なんだっけー?」
なんてやっていると1時間くらい、店内をウロウロしたりして。
また、借りた後もダビングするのも大変。MP3プレイヤーに入れるのも、CD/MP3コンポやパソコンを起動したり接続したり。
そして何よりもう一度レンタルCDショップに行って返却するのが、おっくうになってしまいます。
それら労力を加味すれば、月額960円で4,500万曲を聞けるのは、確実にお得なんです。

今なら無料で利用できるので、さらにお得です!

4000万曲以上の音楽が聴き放題【AWA】

AWAは使いやすいと評判!その理由は?

AWAは利用者をどんどん伸ばしていますが、それはAWAが使いやすいから!どこが良いのか、見てみましょう。

オフライン再生に対応し、通信量も安心♪

ストリーミングサービスは通信料がかさみ、スマートフォンの利用料が高くなるのでは?とお思いの方が多いと思います。
AWAでは、お気に入りの楽曲をダウンロードして、オフライン再生をすることが出来るんです(スタンダードプランのみ)。
「いつも決まった曲しか聞かないのに、毎度インターネットからデータを受信する」そんな無駄なことはしたくないですよね?
事前にダウンロードさえすれば、通信量が一切かからずにずっと使い続けることができるんです。

他のユーザーのプレイリストを共有!

AWAの特徴のひとつはプレイリスト。通常の音楽プレイヤーでは、プレイリストは個人だけのものです。しかしAWAでは、他の人のプレイリストを閲覧し、再生することが出来るんです。

他にも、有名DJや音楽プロデューサー、アーティストなどによる公式プレイリストが公開されており、曲選びに困ったときは「お任せ」することが出来ます。

好みや気分に合わせた再生モード。

お任せと言えば、AWAの特徴でもある再生モードも充実しています。気分やジャンルを選択するだけで、おすすめの楽曲が再生されます。

  1. ジャンル(GENRE) POP、EDM、ANIMATION、PUNKなど音楽ジャンルから、プレイリストを選択できます。
  2. ムード(MOOD) HAPPY、EXCITED、RELAXなど、音楽の雰囲気から、自分の気持ちに合ったプレイリストを再生。
  3. ラジオ(RADIO) Station機能とも呼ばれ、アーティストや楽曲から自動的にオススメの楽曲が再生されます。

私も良く利用しますが、自分の脳内をのぞかれてるのでは?という精度で好みの曲が再生されます。
AWA、おそるべし!

音楽プレイヤーと同じ感覚で使える!

私はほとんどの音楽ストリーミングサービスを利用しましたが、普段使いなれている音楽プレイヤーに比べ使いづらいことが多いんです。
例えば、 宇多田ヒカル さんの楽曲 Keep Tryin' を聞きたいのに、セットリスト単位でしか再生できなかったり、ということも他の音楽サービスではあり得ます。
その点、AWAは音楽プレイヤーに似た使用感で、違和感なく利用することができました。

歌詞を見ながら音楽が聴ける♪

新しく覚えたい曲や歌詞がいいアーティストの楽曲を聞くとき、歌詞が見たくなりますよね?今までなら「アーティスト名+歌詞」で検索していたのが、AWAを使えば不要になります!
再生中の画面を操作すれば、そのまま歌詞が表示されるんです。
公式サイトによると歌詞が対応しているのは「全てではない」ということですが、私が今利用している限りでは、歌詞が表示されなかったことはありません。

カラオケ好きさんやアーティストの世界観に浸りたいかたには必須の機能も、AWAなら完備しています。

AWAのまとめ

私はAWAを利用してもう3ヶ月目になろうとしていますが、このまま有料利用しようと思います。もちろん、今後レンタルCDショップに行くことも、MP3プレイヤーを使うことも無くなるでしょう。

今までは、音楽番組やヒットチャートを見て、流行りの音楽を探していたのも、今ではAWAにお任せです。

まさに「音を楽しむ」サービス、AWA。
皆さんもぜひ使ってみてください。

4000万曲以上の音楽が聴き放題【AWA】

新着記事

(全4件)

  1. 1