「Apple Music」

Appleの音楽アプリと言えば、「iTunes」のイメージが強いですが、それも時代の流れと共に変化しようとしています。

音楽ストリーミングサービスの中で、2016年の利用者数が最多だった「Apple Music」。私が初めて利用したのも実は同アプリでした。

Apple Musicとは?

Apple Musicは、iPhoneやiPodでも有名な「Apple」が提供する音楽ストリーミングサービスです。国内では2015年6月からサービスを開始されました。

一定の月額料金で、4,500万曲の音楽が聴き放題。以前は、洋楽が強かったんですが、全体の楽曲数と共に邦楽も少しずつ増えています。
また、ユーザーに合わせたレコメンド機能も優秀だったり、毎日24時間オンエアのラジオステーションを装備しているのも魅力の一つ。色んな角度から、自分好みの新しい音楽に出会うことが可能です。
その他にも、オフライン再生や歌詞表示など一通りの機能も揃っており、無料のトライアル期間を使ってこれらを体感できるのも人気の理由でしょう。

利用するにはクレジットカードが必要ですが、「Apple ID」を持っている人はスムーズに登録できます。

Apple Musicの利用料金について

「初めの3ヶ月は無料」で体験することができ、期間内であれば解約も可能です。

  1. 個人プラン 月額980円(税込)
  2. ファミリープラン 月額1,480円(税込)
  3. 学割プラン 月額480円(税込)

ファミリープランは家族の最大6人までが利用可能。2人で利用した場合でも、1人あたりの金額は個人プランより安く、人数が多い程お得になります。
利用にあたってはファミリー共有設定、代表者のクレジット及びデビットカードの登録が必要で、お支払いはそのカードからになります。
注意点は、ファミリー共有をした他のメンバーが購入するコンテンツ代金の支払いも、代表者のカードからになるところです。ドラブルなどにならないよう、Appleサポートをしっかり読んで利用しましょう。

Apple Musicでおすすめの機能

4,500万曲と膨大な音楽を楽しむ為には、機能を理解するのが一番。
その中でも、特に抑えておきたいものを見ていきましょう。

まずはオフライン再生を

音楽ストリーミングサービスで気を付けたいのが通信量。それを抑える為に、Apple Musicにもオフライン再生ができるようになっています。よく聴く曲やアーティスト、アルバムなどはWi-Fi環境下でダウンロードしておきましょう。

ただし、ダウンロードのやり過ぎは逆にメモリを消費してしまいます。全く聴かなくなった曲はこまめに削除した方が良いでしょう。

新しい音楽に出会うなら

For You

Apple Musicが、ユーザーさんへ好みの曲をレコメンドしてくれるのが「For You」。
この機能は、再生履歴からや聴いている曲を評価することで学習し、おすすめの曲を提案してくれます。使い込むことで、その精度もどんどん上がっていくという優れものです。

ステーション

For Youで好みの音楽に出会えなかった場合は「ステーション」機能を使ってみましょう。
使い方はとっても簡単で、自分の好きな1曲を再生してあげるだけ。その曲を基準に、雰囲気や曲調が似たものを次々とチョイスしてくれます。

Beats 1

本物のDJが選曲し、24時間オンエアしている生のラジオステーション「Beats 1」。
すべて英語なのが難点ですが、世界100カ国以上で同じ内容のものが放送され、人気となっています。
新しい音楽にも出会えて、リアルなラジオとしても楽しめる。Apple Musicならではの強みでしょう。

一つだけ気を付けたいのが、通信量の問題。Beats 1はオフラインでは聴けないので、もしWi-Fi環境以外で聴く場合は注意が必要です。

気になる曲は歌詞表示を

Apple Musicは歌詞表示ができるので、カラオケの練習として歌いながら使うこもできます。ただし、再生中の歌詞を分かりやく追尾する機能はありません。なので、カラオケの練習というよりは、気になる曲のストーリー全体を把握するみたいな使い方のほうがより楽しめるのではと思います。

配信開始前のアルバムをチェック

新たに「まもなくリリース」の項目が追加されました。

配信開始前のアルバムが、いつリリースするのかを知ることができ、予約も可能。リリース後には、自動でライブラリに追加されます。

店頭まで、レンタルや買いに行く手間もはぶけてスグに聴ける。音楽ストリーミングサービスの特性を活かした便利な機能と言えるでしょう。

iTunesの曲も一括管理できるApple Music

iOSユーザーの方なら、iCloudミュージックライブラリを使えば、Apple MusicとiTunesの楽曲を一括管理できるのでとっても便利です。

ライブラリ内には、Apple Musicからダウンロードした曲やiTunesで購入した曲、CDなどから取り込んだ曲を追加できます。

Apple Musicまとめ

Apple Musicは、配信楽曲数が多くてコンテンツも豊富なので、色んな音楽の楽しみ方ができます。

個人的な感想として、iTunesに慣れている人は良いですが、初めて使う人は操作を覚えるのが少し大変かなと思う点もありました。気になる方は、3ヶ月の無料トライアル期間を利用してみて、実際に自分に合うのかを確かめてみるのが良いでしょう。

配信楽曲数や、今まで弱かった邦楽も徐々に増えているので、今後の動向が気になるところです。

新着記事

(全2件)

  1. 1